結婚相談所・口コミ評判の比較ランキング|おすすめ婚活はここ!!

パートナーエージェント

形式で結婚相談所を比較する

結婚相談所は大きく分けて「データマッチング型」「仲人型」「インターネット型」の3種類があります。 形式によって活動の内容も変わってきますし、料金やサービス内容も大きく変わってきます。 それぞれにメリットやデメリットがあり、どの形式の結婚相談所を選ぶのかという事で今後の婚活が大きく左右されるので 入会前にしっかり把握しておきましょう。

形式別の特徴を比較する

形式別・結婚相談所の特徴
データマッチング型 会員数が多いという特徴を活かして「年収」「身長」「家族構成」など指定した条件とマッチする相手をデータ上で検索して相手紹介を行う形式です。 オーネットやツヴァイなど最大手の結婚相談所はこの形式で相手紹介をしている場合が多く、各社によって選べる条件の内容は違ってきます。
仲人型 どのような相手が理想なのかなどを仲人と話し合った上で、仲人が間に入って自分に相性の良さそうな相手を紹介してくれます。 パートナーエージェントやIBJメンバーズなどはこの形式で相手紹介を行っていて、料金プランによって紹介人数が変わってきます。
インターネット型 基本的に店舗に行く必要がなく、スマホ1台で完結します。 出会い系サイトの感覚ですが、公的な身分証明や独身証明が必要となるので、基本的には真剣に婚活している人しかいません。 ブライダルネットやユーブライドなどがこの形式で相手紹介を行っています。

形式別のメリットを比較する

形式別・結婚相談所のメリット
データマッチング型 専任のアドバイザーも付きサポートもありますが、基本的には自分で相手検索をして相手を探すというシステムなので、自分のペースで活動することが出来ます。 様々なサービスをバランスよく取り揃えています。会員数が多いので、条件に合う人を探しやすい。
仲人型 恋愛経験が少ない人や、どうやって婚活すれば良いのかわからないという人でも、専任のアドバイザー(仲人)がしっかりとサポートしてくれるので、 安心して婚活を進められます。婚活についての相談や恋愛相談などにも親身になって応じてくれます。
インターネット型 「婚活サイト」や「ネット婚活」とも呼ばれていて、料金がとにかく安くネット上で完結するので、仕事で忙しい人でも気軽に婚活することができます。 自由に自分のペースで空いた時間などに相手探し出来て、会員数も多いので地方在住でも活動しやすい。

形式別のデメリットを比較する

形式別・結婚相談所のデメリット
データマッチング型 様々なサービスを幅広く取り揃えているものの、一サービスに特化した結婚相談所にはそのジャンルで劣ります。 サポート面では仲人型に劣り、自由度や会員数ではインターネット型に劣ります。
仲人型 仲人による相手紹介という制度なので、紹介相手の人数に限界があります。 月に数人~10人程度の人数となるので、色々な人と出会い、様々な出会いをして相手を選びたいという人には紹介相手の幅が狭いかもしれません。
インターネット型 料金が安く自由に相手探し出来るものの、サポート面は皆無と言ってよいでしょう。 自分自身で積極的に活動できる人なら問題ありませんが、結婚相談所の最大のメリットであるサポート面がないので、 アドバイスを必要とする人には向きません。




↑ PAGE TOP