なかなか治らない背中ニキビにおすすめのクリーム

頑固な背中ニキビと戦うクリームを使った治し方

背中ニキビができる原因

まずは原因を知ることで、自ずと治し方も明確になってくるので背中ニキビができる原因について詳しく説明します。

●背中ニキビができる主な原因とは!?
  • ①皮脂や汚れによる毛穴の詰まり
  • ②衣服による刺激と摩擦
  • ③ストレスとホルモンバランス
  • ④シャンプーやトリートメントの流し残し
  • ⑤乾燥

①皮脂や汚れによる毛穴の詰まり

原因

お風呂で体を洗う時に、背中というのはどうしても自分の目では見えない部分であり手の届きにくい場所なので、しっかりと洗えていない場合が多いのです。 背中ニキビで悩んでいる人の殆どがこれに該当していると言っても過言ではありません。また背中は皮脂の溜まりやすい部分とも言われているので、かなりしっかりと洗わないと汚れを落とせていないのです。

対策

背中を洗う時にタオルと伸ばしてごしごし擦るという人もいますが、これはNGです。タオルのような荒い素材でごしごし擦ってしまうと背中の皮膚を傷つけて乾燥の原因となります。 また、石鹸のような洗浄力が強すぎる上に保湿成分が皆無の物で洗うのもNGです。乾燥肌となり背中ニキビを促進させる原因となりかねません。 背中を洗う時は柔らかい素材で柄のついた物を使用して保湿に優れたボディーソープを使用するようにしましょう。

②衣服の汚れによる刺激と摩擦

原因

背中は常に衣服に面しています。それこそ家にいる時も、外出時も、寝ているときも・・・お風呂に入っているとき以外は基本的に衣服と接触して摩擦による刺激を受けています。 そして摩擦による刺激で皮膚が分厚くなり毛穴の詰まりの原因となります。さらに常に乾いた衣服の摩擦と刺激によって水分が奪われて乾燥の原因ともなります。

対策

柔らかい肌着を着て出来るだけ摩擦を軽減すること。そして、あまり長時間着用していないからと言ってファブリーズなど消臭剤ですまして、次の日も同じ服を着るというのはご法度です。 少なからず汗や皮脂が付着しているためかなり不潔な状態なので、その状況が続けば当然背中ニキビはできやすくなります。肌着だけでも確実に毎日、洗濯したものを着用するようにしましょう。 また、パジャマなどの寝間着も就寝時には大量の汗をかくので絶対に毎日洗濯したものを着るようにしましょう。 そして保湿をこまめにすることが大切です。

③ストレスとホルモンバランス

原因

背中ニキビに限らず肌の調子はホルモンバランスの崩れで大きく左右されます。そしてそれは、普段の食生活や睡眠不足で起こりうるということです。脂っこいものをたくさん食べたり、ダイエットで食事を制限したりするとホルモンバランスというのはすぐに崩れてしまいます。少しの間ならまだしも、慢性的にそういった生活をしているとホルモンバランスを正常に保つことが出来なくなり、肌は荒れ、全身ニキビや吹き出物でいっぱいになり、体調を崩しやすく太りやすいという最悪の状況を作り出してしまいます。

対策

出来るだけ睡眠時間は規則正しく、決まった時間に就寝して起きる時間もまばらにならないようにしましょう。 そして、一番大切なのが食事です。肉、魚、野菜、炭水化物、などバランスよく食事することを心がけましょう。外食が多い人やコンビニで済ませることが多いという人でも、ある程度自分の意思で栄養バランスをコントロールすることは出来るので、外食時には偏らないようにメニューを選択する、コンビニで済ます時は不足しがちな野菜を取り入れるといった、ちょっとした配慮でバランスを保つことが可能です。

④シャンプーやトリートメントの流し残し

原因

意外に知られていないのがシャンプーやトリートメントの流し残しです。しっかり流したつもりでも背中付着しているというパターンです。冷静に考えてみて下さい。シャンプーを洗い流すとき頭は手で擦るのに、背中に流れ落ちたチャンプーはシャワーで流すだけという人多くありませんか?そして、背中に付着したシャンプーやトリートメントは毛穴を塞ぎニキビの原因となるのです。

対策

シャンプーやトリートメントをした後に背中をしっかりと洗うことで、背中に付着したすすぎ残しを取り除くことが出来ます。トリートメントを髪に馴染ませるためにトリートメントを流さずに体を洗い、その後最後に一緒に流すという人もいますが、体(背中)を洗うのはトリートメントを流し後にすべきです。仮に体を洗った後にトリートメントを流すのであれば、最後にもう一度軽く背中を洗う事をお勧めします。

⑤乾燥

原因

①~④の事から肌の乾燥を引き起こす場合も多いのですが、もともと乾燥肌の人や特に空気が乾燥する冬場には注意が必要です。肌の感想は肌荒れを引き起こし背中ニキビに直結します。

対策

出来るだけ乾燥しないように保湿クリームをこまめに塗る事や、自宅など室内では加湿器を使うなどして湿度を保つことが大切です。

背中ニキビの治し方

上記に挙げた①~⑤の内容は原因と対策です。背中ニキビの予防であり、治し方そのものでもありますが、同時に治療薬を導入することで改善効果は高まります。 特に保湿成分に優れたクリームを塗布することで症状が軽減して、徐々に改善に向かうことができます。
※クリームを塗ることで症状は軽減されますが、根本的な解決として保湿クリームを塗るだけでなく①~⑤の対策をしっかりとることも大切です。

↑ PAGE TOP